NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

3Dゾーン監視システム rexse Zone

GNSSを用いて重機位置情報をリアルタイムに表示しオペレーターへ危険告知!

イメージ:3Dゾーン監視システム rexse Zone

GNSSを用いて移動式クレーンなどの重機位置情報をリアルタイムに表示します。予め指定した施工エリア外の領域に立入った場合や、指定エリアから退避した場合、Bluetooth®にて通信を行い、速やかに警告を発令、危険を告知するシステムです。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

用途

  • クレーン等のブームの旋回時安全管理に
  • 台船や重機などの移動物の侵入監視に

特長

  • 構造物などに沿った、複雑なエリア設定が可能
  • 多面的・立体的に警報エリアを設定できる
  • 監視画面の背景に任意の画像を設定できるため、直感的な操作、判断が可能
  • Bluetooth®にて通信を行い、速やかに警告を発令、危険を告知

有線タイプをご要望の方は施工領域安全監視システム【3Dバリア】をご覧ください。

機能

  • GNSSアンテナ位置・高さをリアルタイム表示
  • GNSSアンテナの位置、設定されたエリアの両方がリアルタイムでモニターに表示されます。 アンテナ位置を中心に移動させたり(画面固定)、画面の拡大縮小なども行えます。

  • GNSSアンテナ 2台を同時使用可能
  • GNSSアンテナを2台使用することで、台船などの移動物の侵入監視にもご利用いただけます。

  • 接近/退避の警報設定がボタン一つで切替可能
  • エリアに接近で警報/エリアから出ると警報の2パターンは、設定画面から容易に変更可能です。

  • 監視エリア背景設定機能
  • 監視エリアの背景に、任意の画像を設定することができます。(JPEG・PNG・bitmap等)

  • 警報履歴表示機能
  • 警報が発動した日時、警報レベル、該当エリアの履歴を確認できます。

エリア設定画面

計測中モニター画面

無線タイプGNSSアンテナの使用例

吊荷に設置したGNSSアンテナが設定した領域を超えた場合、警報を発令します。

計測中モニター画面

設置事例

リアルハット活用事例:住民説明会での活用
空港を建設している現場での導入事例です。
固定局を事務所設置し、固定局座を入力。
高さ制限やエリア内制限がある現場に、導入されています。
リアルハット活用事例:住民説明会での活用
移動局を重機の先端に取付け。
取り付け方は重機によって様々!
事前に取り付け方を相談させていただき、対応します。
リアルハット活用事例:住民説明会での活用
重機内のモニターに情報が表示され、現在地を確認しながらオペレーションを行います。
重機内にDC12VかDC24V、もしくはAC100Vの電源があればモニターおよび回転灯が設置可能!
リアルハット活用事例:住民説明会での活用
GNSS衛星からの電波が受信できる上空が開けている現場で使用が可能です。
固定局の座標を事前にご準備いただくと設置がスムーズです。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る