NETISや情報化施工を使用した技術提案で総合評価対策に

無線温湿度計 HT-100-24G

防水センサー搭載の温湿度システムが遂に登場!
バージョンUPされた無線データ通信機能により過酷な現場でも安定したデータ取得が 可能となりました。  

イメージ:無線温湿度計

特長

IST社製温湿度センサ HYT939

  • 湿度の精度は±1.8%(湿度20~80%環境下)、温度の精度は±0.2°(温度0~60°環境下)の高精度仕様
  • IST AGによる凝縮された防水加工モジュール設計
  • ガス圧耐性(最大で16barまで)
  • 低ドリフト:0.5%PH/年未満
  • さまざまなガスや液体に対する高い対化学薬品性(O2、CO2、SF6、アンモニア、メタン、ほか多数)
  • 温湿度センサーケーブルは最長20mまで対応可能
  • 完全キャリブレーション

ケーブルレス化で作業効率UP

ケーブルの取り回しが不要になり、パソコンにて随時リアルタイムモニター可能。

長距離通信

最新の無線規格帯920NHzを使用することにより、安定性が向上しました。
子機と受信機の通信距離は100m程度(使用環境による。)
通信距離延長のための中継器もございます。(電池駆動タイプ:電池寿命3ヶ月程度)

選べるセンサ

熱電対・温湿度センサの選択であらゆる用途に対応。

見やすい画面表示

データ管理が行いやすようにPC画面上にての表示については、各子機を色分け表示させグラフモ色分けされた形で表示され見やすくしております。

CSVの自動生成化

測定データはCSV形式となりますのでエクセル等に移行させての管理が可能となります。
また、データ欠落防止の為、自動的にCSVファイルが生成されます。

単4電池仕様

子機は単4電池仕様のため、電池切れの際の特殊な電池の手配が不要です。

  • 測定項目:温度、湿度、露点
  • 測定範囲:温度 -20℃~90℃、湿度 0~100%RH
  • 測定間隔:数秒~(測定ポイントに依存)

操作方法

受信機を接続し、プログラム画面を立ち上げポート設定後、送信機の電源を入れて下さい。
自動的にデータが受信されます。

操作は簡単で図のようにアクセスポイントとPCをUSBで接続します。
所定のプログラムをインストールした後、子機電源を投入すれば、PCにデータが転送され、グラフ表示します。

HT100-24Gの操作方法

アクセスポイント(受信機)をPCにUSB接続して、アプリケーションプログラムを起動するだけで、自動的に温度、湿度、露点データが無線で送られてきます。
工業計測や生体計測などのフィールドでリアルタイム測定ができます。 また、使用目的に応じたカスタム仕様にも対応しています。

グラフ表示

HT100-24Gのグラフ表示

省電力方式

HT100Sの省電力方式は完全スリープ方式で、温度、湿度の測定と電波の発射時以外は数μAの電流しか流れていません。
温度・湿度・電波の発射は短時間なので、ほとんどの時間がスリープ状態です。 
多点計測の場合ID認識された各センサモジュールの温度、湿度、露点の最新測定データが一覧表に表示され、温度、湿度データをグラフ表示します。測定データはデータファイル(CSV)に保存され、エクセルでダイレクト表示ができます。

価格のご相談はこちら技術的なご相談はこちら

情報化施工に関するお問い合わせは、TEL:0798-38-6363
お問い合わせ
このページのトップに戻る